紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ラフロイグ

ウィスキー(416)ラフロイグ?! IOⅢ パークアベニュー量り売り

ウィスキー名: IOⅢ ラフロイグ 2011 8年熟成 ?! 容量、度数:20㎖、57.8% 販売者:パークアベニュー 今日は、 IOⅢ ラフロイグ 2011 8年熟成をご紹介いたします。パークアベニューさんのボトラーズ アイラモルト5種類飲み比べセットVOL.3のうちの一本です。 …

ラフロイグは飲むべきか? ウィスキー飲み始めて迷っている方へ!

いつも思うんですが、アイラモルト、中でも「ラフロイグはウィスキービキナーの方にとって飲むべきウィスキーか」どうかということです。 結論から申し上げると、飲むべきではないと思います。中にはすごく合う人がいて、熱狂的なファンになる人が出てくると…

ウィスキー(374)ウィリアムソン2013 7年 ウイスキーベース/アーカイヴス ザ・フィッシュ・オブ・サモア

今日は、ウィリアムソン2013 7年もののラフロイグになります。ラベルは1906年頃に発表されたオセアニアやエーゲ海で生息する魚類の調査書『ザ・フィッシュ・オブ・サモア』内に収録されたジョージ・M・バワーズが描いた魚が描かれています。 仕様は、 60.5…

ウィスキー(250)ウイリアムソン12年 「マグ・メル」

今日は、先日レモンハートさんに伺っ時に3杯目にいただいたモルトです。ウィリアムソンの12年です。「マグ・メル」とは、ケルト神話に登場する死者の国です。この手の話題は、アニメや漫画などでもたまに取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれま…

ウィスキー(228)ラフロイグ ハイグローヴ

今日も豊田市のバー、ロンケーナさんでいただいたウィスキーの話題です。ラフロイグのハイグローヴです。以前から普通のラフロイグとどう違うのか、今まで気になっていました。まず、ネーミングですが、イギリスのチャールズ皇太子の別荘「ハイグローブ・ハ…

ウィスキー(227)ラフロイグ16年

今日は豊田市のバー、ロンケーナさんでいただいたラフロイグの16年です。 ハーフサイズでの試飲でしたが、いままでに飲んだことない深みのある味わいがして、とても美味しく感じました。 最近セレクトのような軽い感じのラフロイグを飲んだいましたので、今…

ウィスキー(180)ライフロイグ25年 ウィスク・イー

今日は、豊田市のバーロンケーナさんでいただいた、ラフロイグを取り上げたいともいます。お魚なの図案のボトルは結構いろいろなウィスキーで採用されていて、バーや酒屋さんで見かけると、つい目が行ってしまいます。このボトルは、ウィスク・イーのボトラ…

ウィスキー(54)ラフロイグ10年350㎖40%

今日は、北海道の鮭とばをつまみに買ってきたので、つまみに合うウィスキーを選びました。ラフロイグは、人によっては好き嫌いがはっきり分かれるウィスキーかもしれませんが、燻製系や多少癖のあるつまみにはめっぽう相性が良いのです。 鮭とばとかクサヤの…

ウィスキー(22)ラフロイグ18年クライスデール53.5%カスク№5967

久しぶりのライフロイグです。樽詰めが1979年で瓶詰めが1997年とあります。度数は53.5%とありますのでカスクストレングスだと思います。現行のボトルは、どれも独特の風味で、ウィスキーに接して間もない人は強烈なインパクトを受けると思います。 私もそう…