紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウイスキー(556)キングスバリー ケルティック アイラ(ラフロイグ)1988-2003 59.9%

今日も、昨年「酒育の会」の会でテイスティングした、ボトラーズもののウイスキーをご紹介したい思います。

f:id:uribouwataru:20211226222315j:plain

f:id:uribouwataru:20211226222326j:plain

f:id:uribouwataru:20211226222503j:plain

 

uribouwataru.com

 

キングスバリー ケルティック アイラ(ラフロイグ)1988-2003 59.9%になります。

 

キングスバリー社は、スコットランド・アバディーンにて設立され、1989年よりシングルモルトのボトリングを開始し、ロンドンに事務所を構えた後も数々の伝説的なウイスキーをリリースしてきた、インディペンデント・ボトラーです。

f:id:uribouwataru:20211226004147j:plain

 

ウイスキーを注いだグラスは、個別に撮影できませんでしたので、今回も味わいを中心にお伝えします。

  • ナッツや炒り豆を連想させる芳ばしい風味
  • 口の中に浸み込むようなスモーキーな味わい
  • コクがある味わいの他、乾いた風味が印象的
  • ヨード感はあまり強くなく、厚みのある甘みが感じられる(ラフロイグらしくない)
  • 余韻もスモーキーさと麦の甘みが長く続きます

 

■まとめ■

キングスバリーの初期デザインのメインボトル『ケルティックラベル』。こちらはバーボンカスクのボトルだと思われます。同時期に、リフェルシェリーカスクのボトルもリーリースされており、機会があれば、両社の飲み比べができると理想ですね。

アイラの個性と樽との熟成感のバランスが絶妙とリリース時は言われていたそうです。なお、樽のセレクトはジョン・マックドゥーガル氏(※)が厳選した樽と言われていいます。

ジョン・マクドゥーガル氏はラフロイグ蒸留所、スプリングバンク蒸留所やバルヴェニー蒸留所など多くの蒸留所の責任者として、常に現場で指揮を執って来た第一人者。

 

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20211229021520p:plain