紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(227)ラフロイグ16年

今日は豊田市のバー、ロンケーナさんでいただいたラフロイグの16年です。

DSC_4059

 

ハーフサイズでの試飲でしたが、いままでに飲んだことない深みのある味わいがして、とても美味しく感じました。

 

DSC_4061


最近セレクトのような軽い感じのラフロイグを飲んだいましたので、今回の16年ものは、従来のラフロイグの風味を持ち、かつ年代感のあるまろやかさやコクを感じることができる、貴重なラフロイグだと思います。


このボトルは、免税店向けに発売されたもので、ラフロイグ蒸留所の創業200年を記念して発売されたもののようです。フルボトルだと2~3万円近くしたりするので、バーで少しづつ味わいのが得策だと思ってます。このようなラフロイグに出会えるのも、バー飲みならではの経験かもしれません。

これからも、いろいろなラフロイグに挑戦していきたいと思います。