紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

本紹介シリーズ11 中島 要 『着物始末暦 しのぶ梅』

今日はとても素敵な本をご紹介いたします。今の私がコレクションしている着物生地とすごく関わり深い内容の時代小説になります。 この物語では、着物の始末屋という職業が描かれています。着物の染み抜きから、リメイク、洗いや染め直しなど、なんでもこなす…

本紹介シリーズ10

今日はちょっと変わった本をご紹介します。「王の夢・ルードヴィッヒⅡ世」(小学館)です。中古で何年も前に入手したもので、そんなに高い価格ではなかったと思います。撮影した篠山氏が知人に送ったものが神保町の本屋さんに出たものと思われます。最初のペ…

本紹介シリーズ9

本紹介シリーズの第9弾、モルトウィスキー大全です。前回の本紹介シリーズでご紹介したブレンデッドスコッチ大全のモルトウィスキー版です。 このシリーズは、改訂版モルトウィスイー大全が後に出版され、最終的にはシングルモルトウィスキー大全に変わって…

本紹介シリーズ8 ブレンデッドスコッチ大全

今日は、私がブレンデッドウィスキーを買う時に参考にする本を紹介します。多くのバーでも置かれていて、この本でウィスキーを調べながら、楽しい会話が繰り広げられているような気がします。 かなり使い込んでいるためか、表紙もだいぶ黄ばんできました。中…

本紹介シリーズ7

今日は、本紹介シリーズの第7弾です。着物生地を集めるうえで、非常に参考になる本です。江戸更紗図鑑で、神保町の三省堂の安売りコーナーで買ったような記憶があります。本の値段は、2,500円とありますが、半値くらいで買った気がします。 更紗模様で、気に…

本紹介シリーズ6

今日は、小学生の頃読んだ本で印象に残っている本を1冊ご紹介します。ウィスキーを飲んでいると、最近やたらと昔のことを思い出します。特に、小学校頃のいろいろな記憶や読んだ本の一場面が脳裏から離れないことがあるのです。いよいよ私も、人生の終盤が近…

本紹介シリーズ5

今日は、ウィリアム・モリスの本をご紹介いたします。リンダ・バリー編、多田 稔監修の作品集です。とても良くまとまっていて、私の大切な本のコレクションのうちの1冊です。 ウィリアム・モリスについては、いちご泥棒のようなカーテン生地をきっかけに知…

本紹介シリーズ(4)ウィスキー&シングルモルト完全ガイド

今日は、引き続き本紹介シリーズです。 ウィスキーのガイド本で、豊田市の図書館から借りてきました。ウィスキーのガイド本は、個人的にも結構持っているのですが、この本は持っていなかったので、思わず借りてきてしまいました。 本の構成は、序章に始まり…

本紹介シリーズ(3)にっぽんの布を楽しむ

今日は、本紹介シリーズの3回目です。 2014年のNHKのテレビ講座番組「趣味DO楽」で使われたテキストです。サブタイトルに「訪ねて・触れて・まとう」とあります。とても実感がこもったサブタイトルです。講師は、吉岡幸雄でNHK出版から発行されています。こ…

本紹介シリーズ(2)すぐわかる染め・織りの見分け方

今日は、着物の生地をオークションで落札している時に参考にしていた本をご紹介します。東京の自宅にはあるのですが、単身赴任先には持ってきていないので、定期的に図書館で借りて参考にしています。産地別にまとめられていて、とても分かりやすいです。平…

本紹介シリーズ(1)スコッチウィスキー紀行

最近豊田市の図書館に入り浸ってウィスキーの本などを読んでいます。豊田市の図書館はとっても立派で、大きなビル一棟まるまる図書館といった感じです。定年退職したら、豊田市に住むのも悪くないかもしれません。美味しいウィスキーを出してくれるバーも結…