紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(374)ウィリアムソン2013 7年 ウイスキーベース/アーカイヴス ザ・フィッシュ・オブ・サモア

 今日は、ウィリアムソン2013 7年もののラフロイグになります。ラベルは1906年頃に発表されたオセアニアやエーゲ海で生息する魚類の調査書『ザ・フィッシュ・オブ・サモア』内に収録されたジョージ・M・バワーズが描いた魚が描かれています。

f:id:uribouwataru:20210420213111j:plain

f:id:uribouwataru:20210420213125j:plain

仕様は、 60.5% 700mlになります。 

f:id:uribouwataru:20210420213142j:plain

f:id:uribouwataru:20210420213201j:plain

 池袋のJ’sバーさんでいただいた一杯ですが、お得な3杯セットで注文しものです。色合いはやや薄目の干し草色。飲む前の香りは麦の青葉の匂いがします。

最近はラフロイグっぽくないシリーズも多いですが、このボトルの最初の一口はラフロイグを感じることができます。

オフィシャルのボトルだとセレクトなどは軽めに感じるだけですが、このボトルは、昔のラフロイグのような甘めの余韻を感じることができます。ただし、すこし人工的な甘みのようなものを感じるのは、熟成期間が短いからかもしれません。

いずれにせよ、お洒落なラフロイグといった感じで、飲み飽きない味わいですので、自宅飲みのボトルとしても面白いと思います。お値段は14,000円くらいが相場みたいですが、通販(アマゾン)でもまだ買うことが出来るみたいです。

     ウィリアムソン 7年 2013 アーカイヴス フィッシュ オブ サモア (ウイスキーベース) 60.5度 700ml

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About