紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(180)ライフロイグ25年 ウィスク・イー

今日は、豊田市のバーロンケーナさんでいただいた、ラフロイグを取り上げたいともいます。お魚なの図案のボトルは結構いろいろなウィスキーで採用されていて、バーや酒屋さんで見かけると、つい目が行ってしまいます。

DSC_2836

このボトルは、ウィスク・イーのボトラーズ物ですが、長期熟成のウィスキーはかなり高騰していますので、お手頃に飲めるボトルではないかと思っていました。でも最近はこのボトルも見なくなってきました。
 
DSC_2837

700㎖で、53.3%で結構、度数はあります。シングルカスクのカスクストレングスです。販売価格は4万円ちょっと。200本ちょっとの限定販売のようです。

DSC_2838

蒸留年は1990年で、25年ものということで結構期待感はあったのですが、それほど年数を感じる深みは感じませんでした。でも、ラフロイグと特有のヨードっぽい磯の香りは健在です。風味も悪くないのでラフロイグの入門としては良いかもしれません。

他の現行のライフロイグと較べると、浸みこむような甘い風味とコクを感じます。南国系の果物の香りのようです。飲み終わったとは、ドライな感じで、口の中にスモーキーな香りが広がります。以前このブログで取り上げた18年のミニボトルのライフロイグの方が、自然な甘さを感じましたが、このボトルの方がスモーキさは強い感じがします。

ラフロイグの年代物はとても美味しく感じるものが多いです。なかなか飲む機会が少ないのが残念ですが、これからも積極的にトライしてみたいと思います。