紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウイスキー(557)ゴードン&マクファイル ロングモーン1963-2003 40%

今日は昨年「酒育の会」の会でテイスティングした、ボトラーズもののウイスキーの最後の1本をご紹介したい思います。

f:id:uribouwataru:20211226222337j:plain

f:id:uribouwataru:20211226222348j:plain

f:id:uribouwataru:20211226222503j:plain

 

uribouwataru.com

 

ゴードン&マクファイル ロングモーン1963-2003 40%になります。

ゴードン&マクファイル社は、1895年に創業以来、シングルモルトスコッチウイスキーのリリースに注力してきた、シングルモルトウイスキーのパイオニア的存在です。

代表作は、1968年にリリースされた「コニサーズチョイス」シリーズ。

 

ウイスキーを注いだグラスは、個別に撮影できませんでしたが、今回飲んだ中で一番濃い、色合いで深い琥珀色が印書的でした。味わいについて次の通りです。

 

  • ミントやシナモンを思わせる香り
  • かなり樽感のあるタンニン
  • 林檎や洋ナシを煮込んだような味わい
  • 古木、ニッキあめ、黒糖などのイメージ
  • 余韻は少しの渋みと共に、ふくよかな甘みがじんわり残ります

 

■まとめ■

昔の60年代後半~70年代くらいのロイヤルサルートを少し渋く、肉厚にしたような味わいが一番近いかもしれません。
私の個人的見解ですが、ロイヤルサルート=ストラスアイラメイン原酒というイメージが強かったのですが、このロングモーンを飲むと、ストラスアイラ以上に、ロングモーンの要素が強い気がしてなりません。

いずれにしても、ロイヤルサルートにハマっていた私にとって、このロングモーンは古き良き時代の銘酒と思えてなりません。

 

uribouwataru.com

 

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20211229021320p:plain