紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

今日は、映画を見に行ってきます~

今日は、久々に思い切って外出して、再度映画を見に行きたいとも思います。実は今、朝の6時前なのですが、別ブログのアニメの記事を更新していて、案の定徹夜してしま足ました。(ブログの右上に入り口があります)

 

寝ないといけないと思っているのですが、ついつい金曜や土曜の夜は、徹夜してしまう時が多いです。

以前と比べ睡眠時間は平均すれば長くなっているのですが、今のブログのスタイルを継続しようとするとどうしても、週末はこうなってしまうのですね。

 

さて、私をこうまで映画に駆り立てるのは、スーパーブロガー、ウサオジさんの記事を見て触発されたからです。

usaoji.hatenablog.com

以前、アバターシリーズの最初の映画を劇場で観た記憶がありますが、もうずいぶん昔だったと思います。

CGの技術もあれか随分と進歩していると思いますので、観るのがとても楽しみです。

uribouwataru.com

車では行かず、徹夜明けの睡魔を抑え、感覚を維持させるため、スッキトルを持って参戦しようと思いましたが。

さすがに前回見に行ったときに、目の前に座っていた若者たちが酒盛りをしながら映画を観ていたのを思い出し、「ああなってはいけない!」と、思い留まった次第であります。

飲むのは家でたっぷりに飲んでから出かけることにしましょう。

ロイヤルサルート21年の60~70年代のボトルを開けました。コルクがポッキリ折れたので、すかさず特注のコルク栓で代用しました。

ウリボウ軍団も出動です。今日の映画のための景気づけに、ガンガン行きましょう~

ロイヤルサルート、グラスに注ぐと、なんとウイスキーの色はウリボウ色です。ほんとはもう少しウイスキーの色の方が少し濃いかもしれませんが、どうですそうみえるでしょう。

やはり50年の歳月は、コルクを固着させ、ウイスキーにもエグミが多少出ていますがウイスキーと同じ量だけ加水すると、エグミもすっかり消えて飲みやすくなります。

たっぷり加水しても、風味はキーモルトのロングモーンが目立つ味わいですね。

ストラスアイラの甘露な風味は加水すればするほど、あまり目立たくなります。

それでも、1940年~1950年前後に蒸留した原酒が飲めると思うと、なんともいえない酔いごこちが訪れてきます。

もうこのウイスキーが蒸留されてから80年くらいの年月が経過し、携わった人たちはほぼこの世にいないと思いうと、ウイスキーというお酒は、なんと時間の贅沢が盛り込まれている事か。

このようなお酒が飲めることを心からありがたいと思います。

そうは言っても、飲むのはこのくらいにして、今日は映画をたっぷり楽しみたいですね。お風呂に入って、酔いを醒ましてから出かけたいと思います~

 

次の3つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About