紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(356)イチローズモルト 2021年秩父祭り シングルカスク ワールドブレンデッドウィスキー

今日は、池袋のJ’sバーさんでいただいたイチローズモルトです。今年の秩父祭りで販売されたブレンデッドウィスキーです。
f:id:uribouwataru:20210331203400j:plain
イチローズモルトと世界のウィスキーがブレンドされているようです。現在、お祭りでしか手に入らないこともあり、価格も高騰しています。まさにお祭り価格で恐ろしいことになっています。コレクター価格ということなのかもしれません。
f:id:uribouwataru:20210331203437j:plain
ヤフーオークションでは、悲しいことに今年の抽選販売で当たった人が、出品しています。数十万円の値段が付いたりしていますが、とても悲しいことです。できれば、開栓して抽選販売するのもありかもしれません。
f:id:uribouwataru:20210331203505j:plain
f:id:uribouwataru:20210331203713j:plain
J’sバーさんではなんと三本セットの中に入っていて、お値打ち価格ででています。本当に良心的だと思います。マスターはブレンデッドですけどと、申し訳なさそうに説明してしてくださいましたが、味のバランスは最高に良いブレンデッドです。

香りは無臭に近いですが、飲み始めるとブレンデッドだということを忘れてしまうくらい、モルトの風味が味わえるボトルです。モルトの占める割合も高いと思います。こんなにバランスが取れているブレンデッドウィスキーって飲んだことがありません。コクがあり、余韻も長く続きます。今までに味わったことがないような、ハーモニー感があるウィスキーです。

たぶん、ブレンドにはかなりの創意工夫がなされていると思います。加水しても美味しいかもしれませんが、ストレートで飲むのが一番だと思います。

飛びぬけて上手いという訳ではないですが、普段の飲みでは最高の実力を発揮するボトルではないかと思います。馬鹿みたいに高騰せず、オークションのネタにするのではなく、バーで普通に多くの人と「お祭りのウィスキー」が味わえることが、何よりもこのウィスキーにとって、発売された目的にかなう気がします。

秩父蒸留所のウィスキーは、J’sバーさんでも、在庫がどんどん減っていく気がします。なくなる前に一口でいいから飲んでみたいものです。

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!