紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

【ホットな話題!】ヤフーオークションで狙い目のウイスキー😻

いつもお世話になっております。uribouです。

いよいよブログ開始3周年が6月末に迫り、ネタ切れ状態の日々を過ごしております。

昨日は公休中でしたが、物件の内覧が入り、夕方は会社に出て仕事をしたグズグズの1日でした。こういう事ではいけませんね。

さて、ブログのタイトルにも示しましたが、今ヤフオクで狙う、おススメのウイスキーを3点ほどをご案内いたします。

私、uribouがこの10年間で経験を重ねたエッセンスのつもりです。

お値段もお安く、上手に選べば送料込みで3,000円前後で入手でき、これからの季節、とても楽しめるのではないかと思った次第です。

 

どうも・・・

  • 市販の低価格帯のウイスキーにモヤっとしたものを感じらている方
  • ヤフオクに挑戦してたまには掘り出し物のウイスキーを飲んでみたい方

におススメのuribouスペシャル企画です。

 

ただし、次の点はくれぐれもご留意頂きたく、よろしくお願いいたします。

  • 20歳未満の方は、ご遠慮願います
  • 古酒の2次流通品は、中身の補償がありません。当たりハズレがあることをご覚悟願います
  • オークションには、いろいろな人が参加しています。過去の評価で良い評価が98%未満の方の出品は注意ください
  • 送料をきちんと確認してください。落札価格が安くても送料が高い場合もあります
  • 発送が遅い方(仕事の関係で発送日が限られている方)もいるので、週末に飲みたい場合などは注意が必要です
  • オークションは自己責任でお願いいたします。1回の失敗でくじけず、2~3回までは頑張れる方の挑戦をおススメいたします

さて、まずは、おススメの銘柄3点を発表いたします。

この3点は、ストレート、水割り、ハイボールいずれの飲み方でも美味しくいただけます。素敵なグラスで愉しんでいただければ幸いです。

 

①シーバスリーガル12年

恐らく玉数で一番多いウイスキーの1つだと思います。キャップ臭が気になる場合もありますが、総じて美味しくいただけると思います。

その割にただ今ヤフオク落札価格、ダダ下がり中。ある意味、暴落状態です。最近の株式相場のようです。一番ホットな商品ではないかと思います。

 

私の経験では、シーバスリーガルの古いボトルは、当たればとても美味しいのですが、保存状態によっては中身が劣化している場合もありますので、年代にこだわるよりも、見た目のきれいなものを選んだ方が良いと思います。

数百円~せいぜい1,500円くらいで落札が狙えます。送料は1,000円~1,200円をめどにセレクトしてください。

その昔、販売価格が一万円近くした時期もあるボトルもあり、私にとっては、ありがたいことだと思っています。

uribouwataru.com

uribouwataru.com

 

②グレンフィディック旧ボトル

私は、サントリーの白州の代用品として、ちょこちょこ落札しては楽しんでいます。

ハイボールが特におススメの飲み方です。青りんごの爽やかな風味を強炭酸で割って飲んで楽しんでください。

現行グレンフィディックも悪くはないと思いますが、味の深みは旧ボトルに軍配が上がると思います。

古い8年表記のボトルなど、一部のボトルはキャップ臭が気になるものもありますが、ハイボールを前提に考えればリスクは少ないと思います。挑戦してみる価値はあると思います。

f:id:uribouwataru:20211023121526j:plain

uribouwataru.com

 

③バランタイン12年ロイヤルブルー

バランタイン12年ロイヤルブルーが送料込みで3,000円~4,000円で買えたらラッキーだと思います。恐らくコスパは最高のウイスキーの部類に入ると思います。

このウィスキー、マスターブレンダーのロバート・ヒックス氏の話によると、彼の師匠で「伝説のブレンダー」といわれた、ジャック・ガウディ氏が50年の経験を傾けて作ったレシピによるもので、バランタインのなかでも日本だけの限定販売とのことです。(土屋守氏:「ブレンデッドスコッチ大全」小学館、1999年4月版)

uribouwataru.com

私は、頑張って1万円前後のウイスキーを買う時もありますが、基本は数千円以内のリーゾナブルな価格で愉しむのがウイスキーライフの基本だと考えています。

ですから、多少のリスクを取ったとしても、今日ご紹介したようなウイスキーは定期的にヤフオクで落札して楽しむようにしています。

オークションですから何回かに一回は、ハズレがあり、ストレートで愉しむには、キャップ臭等が気になる場合もありますが、大抵はハイボールや水割りではそれほど気にならなくなると思います。

ヤフーオークションは簡単に決済ができ、PayPayにも連動しているので、すごく便利ですね。

あと、ヤフオクでウイスキーを落札するのが楽しくなると、だんだん他のウイスキーにも興味がでてくると思います。

そのような場合は、同一の出品者が他にもウイスキーを出品しているケースがあります。ヤフオクの機能で、『出品者のその他のオークションを見る』をできればチェックしてみてください。何点か興味深いウイスキーが安く出品されているケースもあります。

なお、同一の出品者から、他にも追加で落札すると同梱してくれる場合もあります。送料が大幅に節約できてうれしいですね。(自分の知らないウイスキーやレアなウイスキーとも出会える可能性があります。)

 

少しずつ、ヤフオクをウイスキーでも楽しまれてはいかがでしょうか。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About