紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(4)グレンモーレンジ12年ラサンタ

グレンモーレンジ12年ラサンタ。キンタルバン、ネクタドールと合わせて3姉妹シリーズと私が勝手に呼んでいるうちの1本です。

最近は1,000㎖から700㎖に変更になって風味も若干異なるようですが、私はオークションで1,000㎖のものを落札して飲んでいます。

f:id:uribouwataru:20210529192109j:plain


仕上げにオロロソシェリー樽を使っているということも頷けるくらい、とても香り豊かで、ふくよかな味わいです。

46%と度数は結構あるのですが、あまり強さは感じさせない独特の味わいがあります。加水するとさらに華やかな香りが広がるように感じます。

ただし、タリスカーやスプリングバンクのような個性的なウィスキーを飲んだ後だと、少し生臭く感じます。ウィスキーの相性というものもあるのでしょうが、複数の銘柄を飲む場合は、軽めのウィスキーと合わせるようにしています。