紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

テイスティング始めました~

HITOKUTIウイスキーさんのなぞときモルトが到着しました。早速最初のヒントが出て、今回はすべてのモルトが年数表示がないモルトということでした。

赤は、色が濃い事、華やかな味わい。緑がいかにもフルーティーな感じだったため、このボトルはハイランドとヤマをはり、グレンモーレンジを中心に検討を加えました。

シグネットかネクタドール。ラサンタかもしれませんが、46%は昔の1000㎖だけだった気がします。

この辺かもしれませんが、最近たくさん出ているため、グレンモーレンジ1つでも選ぶのは大変です。手もとにボトルがあるのはシグネットだけ。飲めば飲むほど、分からなくなります。

最初の印象はアードベック。でもアードベックは度数が強いものが多く、40%はない。

年数表示なしのヒントでアイラストーム。飲めば飲むほど分らなくなります。他の人のツイートで、ラフロイグセレクトはありかと。

たしか年数表示のないラフロイグ、もう一つあったような気がします。飲んだことないし。こちらも分かりませんね。

最後がこれ。華やかなフルーティーな香りと味わい。キンモクセイの風味と強い酸味。以前飲んだかもしれませんね。スペイサイドか最近のはやりのローランド。

HITOKUTIウイスキーの店長さんが、花と動物シリーズを口にされていましたが、私も最初に思い浮かびました。

このシリーズはHITOKUTIウイスキーの店長が解説しているように年数表示があるので、今回は外します。

したがって、43度でこの手の味わいのボトルをスペイサイドで探すこととします。

 

かなり数があるので、思い描くだけで一苦労です。今日も眠くなりこの辺で思考はストップです。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About