紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

面白い生地シリーズ4  ファイブリックボードの作り方

今日は、面白い生地シーリーズの第四弾です。

2019-12-11-23-57-36-153

この生地は、アメリカのLaura Gunnさんの生地です。この人の生地は水玉とかいろいろな模様の生地があり、お値段も手頃な事から、たくさん買い求めました。結構使ってしまいましたので、この生地が少しと、この模様の色違いの黄緑色の生地しか残っていません。

2019-12-11-23-56-15-036

空色がとても綺麗で、単純な線の模様がバリエーションに富んでいて、見ていて飽きが来ません。とても気に入って使ってきましtが、売れ切れになってしまったようです。

2019-12-11-23-57-04-114

Laura Gunnさんは、ホームページサイトがあり、見に行くことが出来ます。
https://laura-gunn.squarespace.com/
素晴らしい滲みの技法の絵がたくさん見ることができます。欲しくてたまらないものも結構あります。殺風景な私の今の部屋に、せめて彼女がデザインした生地でファブリックボードを作って飾れないかと考えています。

DSC_2162

私がファブリックボードを作るときは、この素材を使います。これで300円ちょっとです。ホームセンターで売っています。

2019-12-11-23-55-37-434

完成たら、アップしたいと思います。できれば、この作家の生地をもっと入手して、いくつかファブリックボードを作って部屋を飾ってみたいです。上手くいくといいのですが。
数日後、作って見ました。あまり上手にできませんでしたが、殺風景な部屋が少し和んだような気がします。(仮止めですので、上下が多少ずれていますが・・・)

2019-12-22-16-32-08-984