紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

久しぶりにファブリックボードを作りました~ 

いつもこのブログにお越しいただきまして、誠にありがとございます。今日は、私が着物生地などを使って作っているファブリックボードの簡単な作り方をご紹介いたします。

ずっと以前にネット検索して調べたやり方を踏襲して、作ってきました。

厚さ2cmくらいのホームセンターで売っている軽いボードを購入します。ホームセンターによっては、いろいろなサイズがあります。

数百円くらいから、千円ちょっとくらいで購入できると思います。生地を選んでボードに合わせてカットして、裏に生地を織り込む溝を金属の定規などで彫り込み、アイロンを掛けた生地を伸ばしながら溝に5円玉などで押し込めば、出来上がりです。

軽い素材なので落ちてきても怪我をしないですし、気軽に作れるのが何よりの魅力です。

ボードは、柔らかい素材ですので、自宅でカッターでも切れますが、私はホームセンターで飾る予定の部屋の空きスペースに合わせて、ざっくりカットしてもらった記憶もあります。

いろいろ作って飾ってみると、結構部屋の雰囲気も変わり、見ているだけで楽しい気持ちになるので、とてもおススメです。

私は、着物生地以外では、ウイリアムモリスの綿生地を使って作っています。

また、海外の作家さんの生地も結構おススメなものがあります。

uribouwataru.com

こちらは、愛知県で単身赴任していた頃部屋に飾っていたファブリックボードです。

今回は、「紬の生地のハギレ」を縫い合わせて作りました。生地と生地を表面が裏になるように重ねて、1cmくらいで縫い合わせ、その後アイロンで割ります。

その後、表面をきちんとアイロンがけすれば、かなり綺麗に仕上がると思います。

紬の生地は、ハギレでも縫い合わせると、風情のあるボードに仕上がると思います。

着物を解くと身頃の部分以外は、生地の幅が細いので、使い勝手が悪いのです。

巾着などの小物以外に、私は生地を縫い合わせて、ファブリックボードなどを作るのをおススメしたいです。

サイズをきちんと測って作れば、それほど時間はかからないと思います。関心のある方は是非1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。意外と面白いですよ。

 

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです! 
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About