紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(360)キルケラン12年

キルケランの12年について、見て行きたいと思います。池袋のJ’sバーさんでいただいたものです。

f:id:uribouwataru:20210409051551j:plain

 16年に続いていただきましたが。最初は4年の違いで随分風味が違うので戸惑いました。
f:id:uribouwataru:20210404203826j:image
f:id:uribouwataru:20210404203847j:image

 色合いは、16年より若干柔らかめです。綺麗な黄金色です。
f:id:uribouwataru:20210404203908j:image

 飲み始めるまでは、香りは無臭に近いです。飲み始めると最初は、随分さっぱりた淡白な感じがします。比較感の問題でしょうか、スモーキーさも16年ほど感じません。でも飲み進むうちに、柔らかいまろやかな風味とスモーキーさとのバランスが絶妙に感じられます。

16年は確かに美味しいのですが、気軽に飲める雰囲気ではありません。価格的にも高価なウィスキーですし、普段飲みという味わいではない気がします。反面、12年は口当たりも良く、ライトな感じで飲み始めると爽やかな麦の香りもして、とても好感が持てました。キルケランは16年→12年→ヘビリーピーテッドという順番で飲んだのですが、12年がバランスが一番とれていて、個人的にはすごく自分に合っている気がします。

キャンベルタウンのウィスキーとしては、ロングロウ10年(旧ボトル)、スプリングバンク10年現行ボトル、キルケラン12年現行ボトルの順番で飲めると楽しいかもしれません。一番の難題はロングロウ10年の旧ボトルが手に入らないということです。あとロングロウの10年の現行ボトルはまだ試してません。旧ボトルが美味しすぎて試すのが怖かったのですが、スプリングバンク10年のように現行ボトルでもすごく健闘しているボトルもあるので、近いうちに飲んでみたいと思います。

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About