紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(321)白州18年

今日は、サントリーの白州18年をご紹介します。豊田市のバー、ロンケーナさんでいただきました。

f:id:uribouwataru:20210320061206j:plain

f:id:uribouwataru:20210320061221j:plain

今まで白秋はノンエイジ中心でしたので、いきなりのランクアップです。12年も飲んで見るとよかったかもしれませんが、とりあえず今回は18年のみの試飲です。
 
色合いは琥珀色で、ノンエイジのボトルと較べると、かなり色合いは濃い気がします。
微かに甘い香り、ピーティーな風味はほとんどしません。ノンエイジの青りんごのようなフレッシュな感じがない代わりに、まろやかで爽やかなコクのある味わいが広がります。コクと言っても多少オイリーで味わい深い感じです。
 
例えるなら、グレンフィディックの18年エクセレンスを飲んだような感覚です。個人的な印象ですがかなり近い雰囲気ではないかと感じました。余韻が複雑で爽やかな花のような香りが追いかけてきます。
 
ただし、白州18年1本で、グレンフィディック18年エクセルンスは、数本買えてしまうくらい価格差があります。おいしいウィスキーですが、白州18年を1本かうなら、グレンフィディック18年エクレンスを数本買いたいと思います。個人的には、最近の白州の値段は高すぎる気がします。もう少し気軽に飲めていいお酒だと思います。
 
次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20210307223900p:plain