紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(17)ジャックダニエルOldNo.7

私の記憶に残っている範囲では、ジャックダニエルは45%表記のものが、普通に手に入るものの中では、一番古いものだと思います。
          

f:id:uribouwataru:20210529072434j:plain



このボトルは、私の持っているオールドジャックダニエルの中では、2番目に古い群団で、グレーンウィスキーならではの甘い香りが漂います。これより古いボトルは、金色の特級表示のシールが付いているものが、70年代頃の流通ものだと思います。

天狗印のビーフジャーキーで有名な、新宿の鈴商さんが輸入していたものなどが、手に入ると、とても幸せな気持ちになります。

f:id:uribouwataru:20210529072448j:plain

70年前半かそれ以前のものは、封を切るとあたり一面に甘い香りが漂います。初めてこの匂いを嗅いだ時は、小学校の頃、木製の床にモップで塗っていた白いワックスの香を連想して、飲むのに勇気が必要でした。

ウィスキーも飲み始めてかなりの歳月が経過しましたが、好みも確実に少しづつ変わってきている気がします。愛知県に単身赴任して来たときは、だいたい次のような銘柄が多かったと思います。

     f:id:uribouwataru:20210206091540p:plain

ほとんどブレンデッドウィスキーで、シングルモルトはあまりありません。でも、バーボンもしっかり飲んでいました。飲んでいるうちに、いろいろなウィスキーに慣れてきたのかもしれません。

ジャックダニエルは、今ではともて好きなウィスキーの1つになっています。経験を積んだことは確かにあるかもしれませんが、良い香りと思えるようになったのは、最近かもしれません。ひょっとしたら年齢のせいかもあるかもしれません。

これからもいろいろなウィスキーに挑戦して行たいと思います。

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。

 

                     f:id:uribouwataru:20210227073112p:plain