紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

着物生地(245)梅に南天・笹模様綿生地

購入年月日:2014年8月29日
購入場所:ヤフオク シンエイ
購入価格:110円(税込) 送料別途(ヤマト運輸)
購入状態:着物、状態は良
素材:モスリン

今日は、モスの生地です。私は、いままでモスリンは綿生地だとばかり思っていましたが、日本では羊毛がベースの生地が多いということが分かり、少し恥ずかしい思いをしています。

DSC_8750

海外では、綿の生地もあるそうですが、日本では羊毛が主原料となっていたようです。子供用の衣服の生地としても良く使われたようですが、毛の成分は虫食いの被害にも会いやすく、古いモスの生地は虫食いの穴あきも多いようです。なお、羊毛以外にも綿のモス生地も生産・輸入されていて、綿の生地は新モスと言われることもあったようです。

DSC_8751

この生地は、どうでしょうか?素人の私には毛なのか綿なのか、モスリンは薄手の生地なのでよく分かりません。少し切って燃やしてみると判るかもしれません。

DSC_8752
DSC_8754

部屋の中が明るいと生地がかなり透けて見えます。色合いは濃いこげ茶系の色合いですが、裏地を付けないと小物は作れない感じです。こげ茶の裏地ならいくつか持っているので、巾着などを作るときはごげ茶の裏地だと、ミシンの上糸も下糸も同じ系統の色が使えるので、手間がかからなくて助かります。

風合いはとても柔らかい肌触りで、しなやかです。梅と南天の図柄も可愛らしくて愛着が湧きます。古い生地ですが大切に保管して、大事に使っていきたいと思います。


次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると励みになります!