紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(173)越後上布(男性もの)

購入年月日:2014年8月31日
購入場所:ヤフオクストア 浪漫無限区
購入価格:1,100円 (税込:1,188)送料別途三点まで800円
購入状態:着物、状態は良

素材:麻(苧麻)


今日は、男性ものの越後上布です。正直、上布の中でも苧麻とラミーで作られたものがあるようですが、私にはその違いがわかりません。ラミーよりも苧麻の方が高価らしいですが・・・

DSC_3296


黒地に白い絣模様がとてもシックで素敵です。多少汚れがありましたが、洗濯したらきれいに落ちました。過去、近江上布も少し落札しましたが、産地による違いが全く分かりません。柔らかめの風合いもありますが、堅めの風合いの上布も結構あります。

DSC_3298


白地の生地に黒い絣模様の上布も結構ありますが、大抵はかなり汚れやシミが目立つものが多いです。

 
柔らかめのものでも硬めのものでも、小物を作って使っていると古い上布で作った物は手に馴染んで使いやすいです。

DSC_3301

絣の模様は、上布の場合このような模様が結構多いです。なお、白系統の生地で結構多いのですが、上布としてオークションで出されてはいないのですが、綿との麻の交織(綿麻:めんあさ)も結構多くオークションで見かけます。アイロンもかけやすく洗濯も容易なのです(もちろん加工もしやすい)が、風合いは上布の方が数段勝っているような気がします。

DSC_3299
 
拡大してみると、隙間があいているのがわかります。夏場は涼しいと言われる理由が、この隙間が風通しを良くしているのはないかと思います。上布については、知らないことが多く、なかなか手に入れる機会も少ないので、少しずつ勉強していきたいと思います。

 

できれば、上布の生地でアロハシャツとかできないかと思っています。小物に加工するより、着る物にリメイクする方がふさわしい気がします。
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About