紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(202)ハイランドパーク12年旧ボトル

購入年月日:2019年12月15日頃
購入場所:ヤフオク
購入価格:6本セット5,000円(税込)
送料750円くらい 
商品状態:状態は優良
原料:モルト
度数、容量:40%、50㎖ 
輸入者:不明


今日は、ハイランドパーク12年の旧ボトルです。恐らく2世代くらい前だと思います。オークションではたまに出ますが、結構ファンが多く人気のボトルだとも思います。

「ザ・プレミアム・コレクション」ということで、この他にマッカランやフェイマスグラウスなどもセットになっており、合計6本入っています。木のケースに入っており、下の部分にはカセットテープが入っており、それぞれの蒸留所やウィスキーの特徴についてテープに吹き込まれているようです。
(テープとミニ解説の紙は一緒にとって置いて、いつかテープを聞きながら読んでみたいです。)

f:id:uribouwataru:20210506163733j:plain

テープは、ケースの下の部分に横に収納されています。                     f:id:uribouwataru:20210506163833j:plain                   

f:id:uribouwataru:20210506163902j:plain

しかし、カセットテープレコーダー自宅にはないし、どうやって聞こうか?悩むところです。どなたかに借りるしかないかもです。

f:id:uribouwataru:20210506163930j:plain

この旧ボトルは2回目かもしれません。一回目はあまりの美味しさにブログ(レビュー)の事も忘れてサクッと飲んでしまった覚えがあります。

DSC_3519

ボトルを横にすると小さな文字で製造元が書いてあります。度数が40%というのも少し意外でした。そのためか、一口飲むとすごく柔らかい風味が広がり、まるでスペイサイドのウィスキーのような感じです。甘い麦の香り、奥行きのある深みのある味わい。とても美味しいです。焦げた黒飴のような味わいはダルモアのダンピーボトルになる前の黒いラベルのボトルに通じるものがあります。

味わいは複雑で、一口ごとにあらたな発見があります。今回もそうこうしているうちに、もうテイスティンググラスは空です。正直、50㎖だと物足りないし、よく分からないとういうのも正直なところです。もっともっと飲みたい。このウィスキーは、飲み手をそういう気にさせます。

この旧ボトルはオークションだとたまに1000㎖のものが15,000円から20,000円位ででています。最近飲みたいウィスキーを落札しすぎて金欠ですが、この旧ボトルは最優先落札銘柄の1つに加えても良いかもしれません。そのくらい、私はおいしく感じています。