紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(169)クランキャンベル12年ハイランダー

今日も、セットで購入したウィスキーのなかから、クランキャンベル12年を取り上げます。

DSC_2767


 オークションでクランキャンベルを落とそうと思っていた矢先、ミニボトルの未開栓の山のなかから、偶然見つけることができました。少し埃をかぶっていますが、12年ものです。


テイスティンググラスに注ぐと、綺麗な琥珀色が目立ちます。香りも澄んだ麦の香りがして、とても良い感じです。ちょっと口に含むと微かな甘みとコクのあるモルトの味わいが広がります。余韻もしっかり麦の香りとほのかな甘みがしばらく続きます。とても美味しいウィスキーです。

 
次回取り上げるクランマグレガーも、このウィスキーも、そんなにオークションでは出てこないのですが、両方とも手に入りやすい価格帯の割には実力のあるウィスキーではないかと思います。

クランキャンベルの原酒は、エドラダワー、アベラワー、グレンアラヒと言われています。この3つのキーモルトを中心に様々なモルトやグレーンウィスキーをキャンベル家の秘伝の製法で完成させたものが、クランキャンベルということです。

キャンベル家のウィスキーというとアーガイルがあげられますが、陶器ボトルの中身はスプリングバンクの15年が入っているのではないかという憶測で昨今は高騰しています。ミニボトルではあっというまに終わってしまいますので、普通サイズのボトルも近いうちに落札してテイスティングしてみたいと思います。