紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

☆祝☆ ウィスキーレビュー500回記念 ウィスキー(500)響12年

購入年月日:2021年9月24日
購入場所:個人
購入価格:25,000円(落札金額、 送料込 響12年、山崎12年旧ボトル2本セット
商品状態:開封済ウィスキー(ヤフオクにて落札)
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、700㎖ 
製造者:サントリー種類株式会社A

 

今日は、ヤフオクにて落札した、開封済ウィスキー2本セットから、響12年を取り上げたいと思います。

 

当ブログのウィスキーレビュー、記念すべき500回目となります。私がとても飲みたかったボトルになります。

f:id:uribouwataru:20210925160527j:plain

開封済みボトル2本セット⇧

 

f:id:uribouwataru:20210927145746j:plain

f:id:uribouwataru:20210927145807j:plain

 

コルクの状態、ボトルの外観、悪くない状態だと思います。飲むのが楽しみです。

f:id:uribouwataru:20210927145756j:plain

f:id:uribouwataru:20210927145734j:plain

 

それでは早速飲んでみましょう!

 

〇開封

 開封済みですので問題なく開封できます。

 

〇色合い

綺麗な琥珀色です。

f:id:uribouwataru:20210927145818j:plain

〇香り
甘くさわやかな香り。ややバニラの香り。

〇味わい
  • まろやかな酸味のあるコク
  • 滑らかな溶けるような味わい
  • 高級バタークッキーのような味わい
  • 恐らく、エステル香というのかもいしれませんが、オイリーな味わい
  • 飲めば飲むほど、複雑な味わいが浸み渡ります
  • コクの深みは響ノンエイジの初期ボトルに軍配があがりますが、飽きの来ない飲み口の良さは、遥かに初期ボトルを凌駕します

 

■まとめ■

テイスティングノート(裏ラベル)では、
「プラムやラズベリー、蜂蜜などを思わせる芳香が甘く華やかなハーモニーを奏で、口いっぱいに豊かなコクがやわらかく広がります。

梅酒貯蔵樽で熟成したモルト原酒や30年超貯蔵の貴少な原酒を隠し味に効かせた<響12年>は日本の風土と日本人の感性にして初めて創り得る一品として世界の注目を集めています。かつてなかったユニークな12年ものーその最初の一杯は是非、ストレートでお愉しみを。」

とあります。

まとめとしては、これ以上の表現はないかと思います。

無人島で1人きりになっても、このボトルが何本かあれば、死ぬまで耐えしのげそうな味わいです。

私にはかなりあっている味わいです。想像していた通りなので、とてもうれしく思っています。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20210927151942p:plain
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About