紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

着物生地(3) 大島紬(染)

大島紬の染の着物生地です。
大島紬は、手織りのものと機械織のこのような染のものとが一般的には多く流通していますが、女性の方に小物を作ってお渡しして喜ばれるのが、このような花柄で明るい感じの染の大島です。

f:id:uribouwataru:20210529195038j:plain


この後の記事でウィスキーのスキットルの保護用に、昔の大島の手織りの生地で作った簡単なケースを掲載していますが、機械織の大島紬と手織りの大島紬とでは風合いは全く違います。

機械織の大島は着物の本体以外に八掛(側面と下の部分)にも結構使われていて、さらりとした風合いが特徴です。素人目には化繊との違いが分かりづらいです。

この生地では、巾着袋などを作って楽しんでいます。手触りもつるっと滑るようで高級感が感じられ、面白いものができると思っています。