紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(11)続き

ヨーロッパでは、ロイヤルサルートの旧ボトルの人気は、70年代のボトルの方があるそうです。

逆に日本では、80年代のボトルが人気があるようです。80年代のものは、甘みが全体的に感じられて「甘露」という表現がぴったりで、フルーティーな銘柄がお好きな方にとっては、良いお酒だと思います。

              f:id:uribouwataru:20210214213950p:plain

70年代物は、バランタインの青陶器に通じるものがあるのですが、より軽めの爽やかなシングルモルトのウィスキーの風味が感じられます。決して淡白ということではなく、好みの問題でしょうが、70年代も捨てがたいと思います。

ロイヤルサルートを落札する時のポイントですが、この70年代のボトルは重さが約500gです。
全体の重さが表示されていなければ、ヤフオクの質問欄で必ず重さを質問して聞いてください。

ボトルは750㎖と700㎖があるようですが、全体重量が1200g前後あればほとんど目減りはしていないことになります。多少目減りしていても、差し引きネットで500gくらいあれば、過去の経験からアタリを引く可能性は高いと思います。

80年代のwade表記のものは、ボトルが少し重くなっているためか、完全の状態だと1300gくらいあるようです。オークションで落札するなら、総重量が1250g以上あるものをおススメします。

あくあまでも個人的見解です。液漏れがあるものは、場合によっては風味が飛んでいたりするケースも見受けられます。参考意見の1つにとどめていただければ幸いです。

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About