紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

底付巾着5個目を作りました~

今日は、底付巾着シリーズ、5個目を作りました~

先般ご紹介した龍郷の泥藍大島の生地を活用しました。今まで機械織の染の大島紬では、結構作ってきましたが伝統的な手織りの大島紬では、あまり作ってきませんでした。

uribouwataru.com

理由としては、生地が薄いからです。それ故、加工もしにくく、仕上がりもよれよれ、とした感じになってしまうからです。

今回は、秘密兵器を購入。前から欲しかった接着芯をオークションで入手(※)したのです。紺色の生地の接着芯(不織布でないもの)を使って、しっとりした感じで仕上げることができました。

※オークションでは、

  • 90センチ×1メートル 300円(送料込)紺色
  • 布接着芯 薄~やや薄 白/黒含 8色10枚組 35.9メートル 3,100円(送料込)

合計で、37メートルを3,400円で入手しました。

 

だいぶ慣れてきたせいか、縫い直しも無くなり、ようやく思った通りに出来上がりつつあります。

それでも、紐通し口あたりの処理は、まだまだですね。もっとずれなく、はみだしなく、綺麗に仕上げたいです。工夫の余地はあるはずです。

見ていただくと、生地はしっかりした感じで、見栄えも良くなっている気がします。

接着芯を貼ると手織りの大島紬や小紋(模様が小さい、紬ではない着物)の生地などは、接着芯を貼ることにより、格段に加工しやすく、見栄えも良くなると思います。

まだまだ、どのうな接着芯を選ぶかなどは、うまく出来ていないので、これからいろいろ研究する必要があるのではないでしょうか。

これからも、上手に接着芯を使って、いろいろなものを作って行きたいです。

今日は、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後に、昨日整形外科にいった帰りに撮影した、秋晴れの青空をお届けしてお別れしたいと思います。

それでは失礼いたします。

 

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです! 
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About