紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(11)ロイヤルサルート21年旧ボトル70年代

ロイヤルサルート21年は、バランタイン17年に並び私の好きなブレンデッドウィスキーの1つです。このウィスキーは現行品を除いて考えると、年代で見て3つの大きな流れに分けられると思います。最初は70年代以前のグループ、次が80年代グループ。最後が90年代グループと現行のボトルになるまでです。

f:id:uribouwataru:20210529194906j:plain

この写真のボトルは、恐らく70年代のボトルです。次の続編の記事の写真を見ていただければお分かりいただけますが、底が平らで「Spode」と記載されているものが通常オークションで出ているものの中では一番古いものだと思います。

この後、80年代にはいると同じspodeでも、底がくぼんだすり鉢状のものになり、その後は、同じくすり鉢状の「Wade」。90年代は平らな底のwadeにかわって現行のボトルになっていくような気がします。あくまでも数多く落札した私の個人的な見解です。(続編に続く)