紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ブランデー(1)カミュバカラ新・旧ボトル

たまにはブランデーを取り上げたいと思います。そんなに多くの銘柄を飲んでいるわけではありませんが、一番多く飲んできたのはカミュです。中でも一番好きなのはカミュの(カフェ)バカラです。

f:id:uribouwataru:20210627141853j:plain


販売さていた当時は、赤い宝箱のような化粧ケースに収納されていました。私が飲むきっかけとなったのは、父が海外出張に行ったときに、お土産で買ってきたこのブランデーを飲んだからです。その当時のボトルを譲り受けて、今も大切に使っているのが向かって左側のボトルです。古いボトルには「CAMU」の金色のロゴがないのです。ボトルの大きさもわずかに小さいようです。


一方右側のボトルは、無印のボトルの後継の商品です。ロゴ以外はそんなに大きな違いはないと思います。父が買ってきた左側のものは、30年近く経ってから開けたのですが、コルククズがたまって、父がこれもう飲めないかもと言って、私に半分くらい入ったボトルを回してきてくれたのです。キッチンタオルのような紙で濾すときれいにコルククズはとれて、飲めるようになりました。

無印のカミュバカラは、ブドウの香りが豊かに深く感じられ、高級なブランデーの凄さを感じることができました。こんなにブランデーはうまいものか!とびっくりした次第です。

現在も、無印のカミュのバカラを買うことがたまにあるのですが、液漏れしたりしているものが多く、父から譲り受けたときの感動を感じることのできるボトルには巡り合うことができません。いつか、状態の良いものを手に入れて、再びあの美味しかったカミュに再会したいと思っています。

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。

 

                   f:id:uribouwataru:20210227074327p:plain