紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(60)ダルモア12年旧スレンダーボトル その1

購入年月日:2019年8月25日
購入場所:ヤフオク ストア(fiveneeds)
購入価格:9,720円(税込:送料別1,000円)
購入状態:箱あり、状態は普通
原料:モルト
度数、容量:43%、750㎖

今日は、やっとの思いで手に入れたダルモア12年の旧ボトルです。オークションで1万円以内(送料別)と決めていたため、いつも、いつも、何度も、何度も指し負けて悔しい思いをしてきたのです。今回は、実は入札していたのを忘れて落札通知がいきなり来たので、ハトに豆鉄砲という感じでした。

f:id:uribouwataru:20210609110252j:plain

80年代前半のボトルは少しキャップの文字の表記は変わってくるようです。このボトルは状態もよく、ミニ冊子も付いています。さっそく飲んで見たいと思います。

f:id:uribouwataru:20210609110303j:plain

実に綺麗な琥珀色で、オールドボトルのヒネタた香りもなく、アルコール臭もありません。期待度は高まるばかりです。

f:id:uribouwataru:20210609110316j:plain

度数は43%で、750㎖のボトルです。香りも甘く重い感じです。昔食べた那智黒の飴のようです。深みのある甘さです。ピート感はなく、コクのある風味が喉を通り抜けます。レビューを書きながら軽く3割くらいは飲んでしまいました。

このお酒を飲むときは、グレンフィディックのような軽いお酒を飲んだ後か、最初からこのお酒をいただくのが良いと思います。重めの風味のお酒を飲んだ後では、このねっとりとした風味は少し消えてしまうかもしれません。

f:id:uribouwataru:20210609110325j:plain

扱いは、明治屋です。長らく明治屋の近くで仕事をしていたので、懐かしく感じます。このボトルは1万円以内なら買いだと思います。たまたま状態の良いボトルにあたったからなのかもしれませんが、このひとつ前のボトルにもチャレンジしてみたいと思います。そのためにも、少しは残しておいて、比べられるようにしたいと思います。

 

  次の2つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
 
f:id:uribouwataru:20210609110354p:plain