紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

さよならジョニーウォーカー 70年代 黒ラベル!

今まで買い置きしていた、ジョニーウォーカー黒ラベルの70年代のボトルがついに最後の一本になりました。一時は30本近くあったのに、いつの間にかラスト1本になってしました。

f:id:uribouwataru:20210522205313j:plain

澱も少くなく、外見もまあまあです。先だって開けたボトルは、社会人の息子が飲んで風前の灯です。

f:id:uribouwataru:20210522205327j:plain

パッと見でも、今回開栓するボトルの方が色が濃いです。

f:id:uribouwataru:20210522205341j:plain

f:id:uribouwataru:20210522205355j:plain

早速飲んでみると、少しヒネた匂いで、味は少し甘ったるいです。少しずつ飲んでいくとジョニーウォーカー黒ラベルらしい味わいが少しずつ顔を出します。

 

でも、少しエグみがあり、ヒネ感はなかなか消えません。向かって左側のちょっと前に開けたボトルが美味しすぎたためか、このボトルのあらが目立ちます。

 

2本を比較しなあら、ゆっくり味わいましたが、オールドボトルは個体差が大きいなとつくづく感じます。当たれば美味しいけど、ハズすと辛いです。

 

このボトルはドハズレというわけではありませんが、イマイチかもです。しばらく様子は見ますが、料理用かウィスキー風呂になる運命かもしれません。→そうこうしているうちに息子が全部飲んでしまいました!(味覚あるのかな?)

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!