紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

朝から結城紬

f:id:uribouwataru:20210508092428j:plain単身赴任先から東京の自宅に戻ってきてようやくひと月半。最後のダンボール箱もたたみなんとかすべての引き出しが開けられるようになりました。ロイヤルサルートも二本めを取り出しました。今度は重さもしっかりあり中身も期待できそうです。
f:id:uribouwataru:20210508073147j:plainf:id:uribouwataru:20210508073202j:plainf:id:uribouwataru:20210508073218j:plainf:id:uribouwataru:20210508073232j:plainf:id:uribouwataru:20210508073249j:plain
散らかっていて、見ずらい写真で申し訳ございません。コルクはホッキリ折れました。開栓は明日でもご報告いたします。

同じように前から気になっていた昔の結城紬を取り出してしげしげながめました。証紙も古くかなり昔の結城紬だと思います。以前このブログでもご紹介した気がします。
uribouwataru.com
真綿紬のようなふわっとした感触です。素人目にもとても良いもののように思えてなりません。同じ反物を何本か落札したと思いますが、手元に残っているのはこの一本だけです。
f:id:uribouwataru:20210508063429j:plainf:id:uribouwataru:20210508063415j:plainf:id:uribouwataru:20210508063400j:plain
この生地では過去枕カバーなどを作りましたが、手元には残っていません。反物の八割は使ってなかったので探しているのですが、見つけることができません。
f:id:uribouwataru:20210508063344j:plain
この反物は巻き出しの部分に多少ヤケがありますが、状態はとても良いと思います。なんとか反物の残りの部分を見つけてまた何か作りたいです。朝からお気に入りの結城紬を眺めて今日は朝から幸せな気持ちです。

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!