紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(343)余市白キャップ

豊田市の思い出シリーズも今日が最後です。バー、ロンケーナさんで最後にいただいたのが余市の白キャップです。
f:id:uribouwataru:20210329060800j:plain
昔は、結構スモーキーに感じましたが、最近はヘビーピートのものも多く飲んでいるためか、さほどスモーキーには感じません。人の評価軸は往々にしていい加減なものです。ブロガーの方でウィスキーを飲む前にかなり気を使って(体のコンディションや食べ物を食べないなど)、なるべく条件を揃えたうえで、ウィスキーを飲んで記事を書いている方がいます。人の味覚などの感覚は体調などでかなり変わりますので、頷けるような気もします。
f:id:uribouwataru:20210329060848j:plain
ボトルの裏には、細かく解説が書かれています。潮の香りはそれほど感じませんが、味わいはコクがありモルティな感じです。それでいて重い感じはせず、さわやかな飲みごごちです。色合いは綺麗な琥珀色で、とても綺麗です。
f:id:uribouwataru:20210329060938j:plain
余韻はそれほど長く続きませんが、コンビニで安く買えたウィスキーとしては、十分及第点ではないでしょうか。以前、宮城峡を飲んだ時も感じたのでが、ニッカウィスキーはこのように気軽に手が届く価格で、とても美味しいウィスキーを提供した功績は大きいと思います。
f:id:uribouwataru:20210329061041j:plain
今はこのような価格帯で飲める美味しいウィスキーは少なくなってきましたが、スコッチのブレンデッドや一部のシングルモルトなどは、そこそこの価格帯で普段飲みの美味しいウィスキーを提供していると思います。機会があればご紹介していきたいと思います。

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!