紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(240)グランツ18年

購入年月日:不明
購入場所:ヤフオク
購入価格:不明
送料 不明
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、750㎖ 
輸入者:重松貿易株式会社


今日は、グランツの18年です。押入れの奥から出てきた一本です。 購入時期や価格は不明です。グランツをこのブログで取り上げるのは3本目ですが、前回取り上げた12年はそこそこ美味しかった記憶があります。

f:id:uribouwataru:20210410191119j:plain

 瓶の形状は少しずんぐりした形状です。大阪の重松貿易の取扱で、750㎖43%のスペックです。特級の時代よりは、後のボトルだと思いますが、そこそこ古いボトルだと思います。             

f:id:uribouwataru:20210410191245j:plain

f:id:uribouwataru:20210410191305j:plain

以前飲んだグランツの12年、そこそこ美味しかったと述べましたが、改めて足元にありますので、飲んでみました。辛口でモルティでバランスのとれたブレンデッドです。少し辛口の風味です。

f:id:uribouwataru:20210410191355j:plain

グランツの18年は、さらに深い味わいを感じます。以前グレンフィディック12年とバルヴェニー10年のファウンダーリザーブをハーフ&ハーフで飲んだことがありますが、その味わいを彷彿させるものです

f:id:uribouwataru:20210410191434j:plain

f:id:uribouwataru:20210410191456j:plain

12年のボトルには、主要モルト原酒の蒸留所(グレンフィディックとバルヴェニー)が記載されていましたが、18年にも記載があります。原酒の核となる構成割合は、そんなに大きく変わらないのではないかと思います。

f:id:uribouwataru:20210410191521j:plain

プラスティックキャップの影響もなく、バランスの取れた美味しさを感じます。特にバルヴェニーの風味を多く感じるのは私だけでしょうか。テイスティングのつもりがどんどん杯が進んでいきます。

12年と飲み比べると厚みのある風味を感じます。でも、12年のグランツも負けないくらい飲みごたえがあります。最初に飲んだグランツは、年代表示のない特級のグランツでしたが、すこし甘ったるい感じがしました。グレーンウィスキーが好きな方は、気にならないと思いますが、私には少し甘すぎると思います。

ストレートで飲んで美味しいブレンデッドはなかなかお目にかかれないのですが、このウィスキーは是非ともストレートで楽しんで欲しいと思います。