紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(201)アンティクアリー旧ボトル

購入年月日:2020年2月9日
購入場所:ヤフオク ゴールドリカー広島店(運営会社:株式会社フレイム)
購入価格:9,251円(税込:10,176円)他にアーガイルなど合計7本での価格
送料1,250円 
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:40%、700㎖ (推測)
輸入者:不明


今日は、アンティクアリーの旧ボトルです。 7本セットで10,000円ちょっと、送料入れても1本1,500円ちょっとです。1本でも当たりがあると良いのですが。

DSC_3502


このボトルは、以前豊田市のバー、ロンケーナさんでハイボールでいただきました。とても美味しかった記憶がありましたので、まとめ買いの中に含まれていたので少しうれしくなりました。

 

シンプルなデザインで、見た目は結構カッコいいです。現行ボトルよりはかなり古いボトルではないかと思います。細かな情報は何も書かれていません。

早速、封を開けてみると多少古酒独特の古本ぽい匂いはありますが、微かに甘い香りがします。ロンケーナさんで飲んだ時はハイボールでしたが、今日は最初はストレート飲みます。多少えぐみはありますが、重厚感がある味わいです。飲み進むとえぐみは完全に無くなり、アンズのようなあまい味わいが余韻として残ります。ストレートでもとても美味しいです。

炭酸がないので、今度は軟水で少し加水して飲んでみます。格段にライトな雰囲気になりグレンフィディックを加水したような風味になります。とても飲み口が良いです。ロンケーナのマスターに「ブレンデッドで美味しいハイボールをお願いします」とお願いしたときに、なぜこの銘柄を選らばれたのか、改めためてゆっくり飲んでみると判ったような気がします。

炭酸で割って飲むと、炭酸の爽やかさと、このライトな甘い風味が合うのだと思います。ブレンドウィスキーの古いものは、取り扱いが難しい面があるのですが、工夫次第で美味しくいただくことができるのだいうことを発見できた気がします。

今回取り上げた旧ボトルは、ストレートでもおいしいのですが、ハイボールや水割りでも美味しく楽しめると思います。

 
やはり、バーで飲む経験というのは貴重だと改めて感じます。これからも、バーで飲んで美味しかったウィスキーを手に入れ自分なりに工夫をして、楽しんでいきたいと思います。