紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(32)ディンプル12年旧ボトルプラスチックキャップ

今日は、ディンプルの旧ボトル(おそらく70年代)のプラスチックキャップについて見ていきます。

f:id:uribouwataru:20210529205857j:plain

沈殿物も特になく、ラベルも比較的綺麗で、琥珀色のお酒がとても綺麗に見えます。キャップはプラスチックで、ねじればすぐ開きます。早速、飲んで見ると・・・・

f:id:uribouwataru:20210529205911j:plain

とにかく味も香りも最悪です。うーっつ!
今まで、こんなにひどい状態のウィスキーを私は飲んだことがありません。おそらくプラスチックキャップが原因ではないかと思いますが、飲んだ瞬間、気持ち悪くなり、一口以上は飲むことが出来ませんでした。

f:id:uribouwataru:20210529205930j:plain

危険な旧ボトルとしては、オールドパーとかシーバスとかいろいろありますが、総じてプラスチックキャップは危険度が高いです。ディンプルはミニボトルも結構飲んだりしましたが、金属キャップの物はおいしく飲めたものも多かったと思います。

この年代のプラキャップのディンプルはとてもリスキーです。90%以上は捨てる覚悟で購入する覚悟が必要です。あまりにもひどい状態だったので、お風呂や料理にも使えず、速攻で廃棄しました。とても残念です。

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。