紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(30)バランタイン30年旧ボトル

ウィスキーブログ、記念すべき30本目になります。30つながりで、バランタインの30年旧ボトルにしました。

f:id:uribouwataru:20210529204503j:plain



青赤紋章の旧ボトルではありませんが、ボトルの裏がこのような表記になっているものはそこそこ古いボトルだと思います。80年代くらいではないかと思います。

バランタインの旧ボトルのネックは、なんといってもキャップ臭の影響です。シーバスの60~70年代のボトルもそうですが、この手のプラスチックキャップのボトルは、どうしてもキャップ臭の影響を多少なりとも受ける傾向があります。

f:id:uribouwataru:20210529204533j:plain



残念なら、このボトルも、写真の通りキャップの部分がかなりお酒の本体に浸り続けた形跡があり、キャップ臭はかなりするのではないかと危惧されます。

f:id:uribouwataru:20210529204558j:plain

では実際どうでしょうか?・・・・

このボトルも飲んだ印象は、プラスチックの甘い香りがお酒に移ってしまい、お酒の香りなのかプラスチックの香りか分からない状態です。

飲んでも甘い香りが影響して、そこそこ美味しいのですが、バランタイン30年の真のおいしさがわからないのが現実です。

プラスチックキャップの旧ボトルはとてもリスキーです。このボトルは、しばらく様子を見ることにします。風味が変わるようでしたら、再度この場で取り上げたいと思います。

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!