紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

バランタイン30年旧ボトル続き

先日、バランタイン30年の旧ボトルを取り上げましたが、キャップの匂いなのか、甘いプラスチック臭が邪魔をして、味がよくわかりませんでした。

f:id:uribouwataru:20210530161830j:plain

甘いプラスチック臭は、シーバスリーガルの60~70年代のものによく見られるのですが、バランタインの古いボトルにも時折みられる現象です。

今回は、金属製のボールに入れて一晩外気にさらして、キャップとビンは煮沸した水で洗って乾かしました。瓶やキャップは、気休めにしからならないかもしれませんが、外気にさらしたお酒はプラスチック臭はかなり和らぎました。

 

反面、悲しいことに古酒独特のえぐみが目立つようになり、バランタイン30年の厚みのある風味は影をひそめてしまいました。

飲めないわけではありませんので、うすーい水割りにして飲んでいますが、せっかくのバランタイン30年の力量は発揮されない状態が続いています。

1年前に別の30年のボトルを開けたときは、えぐみだけだったので、キャップを他の瓶のコルクで代用していたら、自然にえぐみも消え、深みのある味わいが復活したのですが、プラスチック臭の後のえぐみについては初めての経験です。

 

なんだかんだ言って半分は飲んでしまいましたので、しばらくは放置して今後の経過を見守りたいと思います。

 

f:id:uribouwataru:20210530161959p:plain