紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

着物生地(213)絣模様織り出し手織り真綿紬

購入年月日:2014年11月25日               購入場所:ヤフオク シンエイ              購入価格:595円(税込) 送料別途500円         購入状態:着物、状態は優良                          素材:絹


今日は、薄いあずき色の絣模様が綺麗な真綿紬です。

f:id:uribouwataru:20210320204345j:plain

結構気に入った生地でしたので、いろいろな物を作りました。残りは半分くらいです。

f:id:uribouwataru:20210320204402j:plain

絣模様は少し大きめですが、色とりどりの絣が織り出されていて、とても綺麗です。柔らかい色合いがベースになっているためか、とても穏やかな色合いに感じます。

f:id:uribouwataru:20210320204419j:plain

f:id:uribouwataru:20210320204441j:plain

この生地では、主に底付の巾着を作りました。ほとんど手元には残っていませんが、東京の自宅に失敗作が押入れの前にぶら下がっていました。


f:id:uribouwataru:20210320204540j:plain

f:id:uribouwataru:20210320204557j:plain

f:id:uribouwataru:20210320205008j:plain


この巾着を作っていた頃は、革で底を作ることに腐心していました。どのくらいの厚さの革なら上手く作れるのか試行錯誤の連続でした。

上の写真で使った革は、堅くてかなり厚みがあり柔らかい真綿紬に上手く合いませんでした。柔らかい豚の革が、いちばん上手く縫い合わせることが出来た気がします。値段も安かったと思います。                            

東京にいるときは、浅草橋に行くと、皮革専門店が軒を連ね、結構安く加工用の革を手に入れることができました。私のような着物生地と革を縫い合わせる人は珍しいらしく、縫い合わせの事を尋ねても詳しい方はあまりいなかったと思います。

f:id:uribouwataru:20210320205023j:plain

      
先般、東京で見つけた過去の作品をアップしましたが、巾着はやはり、真綿紬と薄い革を合わせたものが何とも言えない風合いで、個人的には一番好きです。単身赴任先の豊田市では皮革専門店が見当たりませんが、調べればどこかにあるかもしれません。                 

少しずつ薄い手に馴染む革を手に入れて、いろいろな革の底付巾着を作っていきたいと思います。