紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(218)デベロン12年

購入年月日:2020年4月28日
購入場所:ヤフオク
購入価格:3本セット 4,000円(税込)
          デベロン12年、グレンモーレンジ オリジナル10年、ロイヤルロッホナガー12年
送料(別途) 
商品状態:状態は優良、ただし開封済
原料:モルト
度数、容量:40%、700㎖ 
輸入者:バカルディジャパン株式会社
 

今日は、デベロンの12年です。初めて飲むウィスキーです。

f:id:uribouwataru:20210319222009j:plain


少しダンピーなボトルで、ずっしり重く感じます。名前もいかめしいですが、名は体をあらわす?ではないですが、爽やかなパステルカラーの配色のラベルとは裏腹に、個人的にはとっつきにくく感じます。

DSC_4179

デベロン蒸留所はどこになるのでしょか?実はそんな名前の蒸留所はなく、1960年にスコットランド・ハイランド地区に設立されたマクダフ蒸留所で作りだされるウイスキーなのです。蒸留所名とブランド名が異なるウィスキーはそんなにないのですが、このデベロンはそのうちの1つになります。

バカルディ社のブレンデッドウィスキーのキー・モルトとして使用され、これまでシングルモルトとしては、ほとんど出回ることのなかったモルトで、フルーティーでバランスのとれた味わいが売りのようです。

DSC_4180

輸入者は、バカルディジャパン株式会社で、40度700㎖の仕様になっています。ボトルが重いのでもっとたくさん詰まっているような感じはしますが。同社は、デベロン以外にはカティーサークなども取り扱っています。

DSC_4182

飲んだ印象はバランスのとれたシングルモルトといった感じで、キャッチフレーズ通り、フルーティーな味わいで麦の後味が感じられる美味しいモルトウィスキーだと思います。結構ドライな感じがして、ウィスキー版のスーパードライのような切れがある味わいです。

ストレートだと、少し飲む分には美味しく感じますが、飲み続けるとそれほど強いインパクトがあるウィスキーではないので、すぐ印象が薄れてしまいそうな感じです。でも、ハイボールや薄めの水割りにすると結構飲みやすく、食事や軽めのおつまみには結構合います。逆にいうと、普段のみのハイボールや水割り要員としては悪くないウィスキーだと思います。

マクダフ蒸留所は、ボトラーズからは、蒸留所名のボトルが出ているようです。これからもいろいろ探して見て、試飲してみたいと思います。