紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(185)抽象模様織り出し手織り紬

購入年月日:2018年5月2日
購入場所:ヤフオク シンエイ
購入価格:351円(税込:送料別途 ヤマト運輸)
購入状態:着物、状態は優良
素材:絹

今日は抽象模様織り出しの手織り紬です。

DSC_3805

 馬の蹄鉄のような独特の模様です。真綿紬ではありませんが、風合いは柔らかめです。模様が大きめで模様のない部分も多いため、生地の使い方が少し難しいかもしれません。

DSC_3806

結構古い紬の着物でしたが、シミも少なく状態は悪くないと思います。あとは、この生地で何を作るかということだと思います。

DSC_3808

この生地は、模様がどっちを向いていても大丈夫だと思います。ブックカバーでも枕カバーでも模様を気にせず作れるところは、良いかもしれません。縫い合わせせず、横に着物生地を使えると結構大きめのものも作れると思います。ただし、模様としては多少面白みに欠けるかもしれませんが。

比較的最近オークションで購入しましたが、もう少し使用目的を考えて買う必要もあるのではないかと少し反省しています。送料のこと(このストアは何点落札してもヤマト運輸で500円)を考えるとついつい多く買ってしまうのです。

結果として、生地にしたあとで、これ何につかうのだろう・・・と悩むことになったりして。この反省として、最近は1円スタートのオークションから2,200円スタートのオークションで一点買い(送料入れて最低価格でも3,200円はかかる)に切り替えつつもあります。

かなり高級な着物で少し難点があるものを生地にすることで、作りたいもののイメージも変わってきている気がします。無節操に買ってしまう悪魔の1円オークションはしばらく控えめにして、少し高めの金額スタートのオークションで、面白い生地を物色していきたいと思っています。

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About