紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(216)スプリングバンク15年

購入年月日:2020年4月28日

購入場所:ヤフオク
購入価格:4本セット23,100円(税込)写真以外にヘーゼルバーン10年あり
送料(別途) 
商品状態:状態は優良、ただし開封済
原料:モルト
度数、容量:46%、700㎖ 
輸入者:不明

今日は、スプリングバンクの15年です。バーを閉店される経営者の方から落札しました。前から飲んでみたい一本でしたので躊躇なく入札しました。かなり競争が過熱し高い値段で落としましたが、それでも新品で購入すよりも1万円は安く入手できたと思います。

DSC_3628

スプリングバンクの現行ボトルは、上の写真では10年が非常にバランスが取れていて美味しいので、結構飲んでいます。15年ならさらに美味しいのではないかと、期待感一杯です。

香りは、10年よりも落ち着いた感じで、ピートの香りとイチジクのドライフルーツっぽい香りが感じらますが、樽の匂いも多少する気がします。悪い感じはしません。

DSC_3630

 飲み終わると、これでもかというくらい麦の味がこみ上げてきます。これ以上だとちょっとしつこいと感じてしまうくらい、ギリギリのラインです。同時に甘い味わいも感じられるのですが、こってりとした麦の後味があっという間に覆いかぶさってくる気がします。

DSC_3634

10年と飲み比べをすると、10年の方が多少刺激的な香りがします。でも、ピートの澄んだ香りと甘めの柑橘系の香りに変わり、飲み干すとふくよかな甘い味わいが広がり、余韻も長く続きます。全くの個人的な好みの問題ですが、10年の現行ボトルの方が15年の現行ボトルよりも美味しく感じるのです。

麦の香りが余韻として強く残る方がお好きな方は、15年を選ばれるのではないかと思います。お値段的にいうと、ネットショップやオークションだと10年は7,000円。15年は12,000円前後だと思います。1.5倍のお値段をどう考えるかだと思います。私なら、15年を買うのなら、迷わず10年を2本買います。私にとってのスプリングバンク15年は、改めて10年の美味しさと確認させてくれた存在になったと思います。

shop.barparkavenue.com

 

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!