紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(215)ハンキーバニスター 20年 デラックス

購入年月日:2020年5月13日
購入場所:ヤフオク
購入価格:4,200円(税込:4,620円)
送料(別途) ゆうぱっく1,000円
商品状態:優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、750㎖ 
輸入者:レオドール貿易株式会社
発売元:株式会社 三越

今日は、ハンキーバニスターの20年ものです。首から下げている飾りは陶器製です。ハンキーバニスタースペシャルの時は、金属製で裏にラベルに貼るシールが付いていましたが、このボトルにはそのような仕掛けはありません。紺色に白い花柄をあしらったボトルが印象的です。

DSC_3972
 
取扱は、ハンキバニスタースぺシャルの時と同様、輸入者がレオドール貿易株式会社で、発売元が株式会社三越となっています。
 
DSC_3974


特級表示のシールが付いています。前回のスペシャルのボトルは多少パフューム状態でしたが、今回はどうでしょうか。


色合いは、綺麗な琥珀色で香りは木の樽の香りがします。味はパフューム状態になる直前といった感じですが、絶妙のバランスを維持しています。ボトルの花柄をイメージさせる豊かな香り高い蘭の花をイメージさせられる味わいです。香りを味わうといった感じです。

ロイヤルサルートのような甘みも感じますが、まったりとしたような甘さではありません。研ぎ澄まされた洗練された甘みという感じです。このボトルはオークションでは、だいたい5,000円~10,000円前後で取引されていますが、この味わいであればお買い得だと思います。

ただし、12年のスペシャルがパフューム状態だったことを考えると、当たりボトルを引く確率は50%くらいかもしれません。パフューム状態が気にならない方だったら問題はないのですが、パフュームが気になる方は覚悟が必要だと思います。私は、パフューム状態はそのウィスキー本来の味わいを見失い、間違って感じてしまう危険があると思っています。

いずれにしても、あと何本かは買って見て、注意深く味わって見たいウィスキーだと感じました。