紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(166)バルヴェニー10年ファウンダーズリザーブ

購入年月日:2020年5月15日
購入場所:ヤフオク gold-liquorヤフーshop
購入価格:9,000円(税込:9,900円)
送料(別途)1,000円 
商品状態:状態は優良(外見は少々劣化あり)
原料:モルト
度数、容量:43%、700㎖ 
輸入者:メルシャン株式会社


今日は、久しぶりにバルヴェニーを取り上げます。記事のアップは5月20日になりますが、17日の日曜日の午前10時半には、 現物が到着しています。ヤフーオークションで金曜日落札して日曜日の午前中に、落札したものが到着する!gold-liquorさんは、いつも発送が速く、しかも包装がすごく丁寧です。
専用の包装紙やプチプチを使い、お酒のカートンの中も緩衝材を入れてくれます。出品している商品も良いものが多く、安心して入札できるオークションストアだと思います。消費税が気になるところではありますが、安心感とスピードの速さは何にもかえがたい要素ではないかと思います。これからも、gold-liquorさんの出品は定期的に狙っていきたいと思います。
DSC_3827

ファウンダーズリザーブ10年は過去にもこのブログで取り上げましたが、他のバルヴェニーとくらべてそれほど大きな印象を受けた感じはしませんでした。今回のファウンダーズリザーブは、どうでしょうか?気になるところです。uribouwataru.com

uribouwataru.com

 

DSC_3828

なお、前回は、輸入元は書かかれていませんでしたが、今回はメルシャンです。サントリーの前の取扱ですから、随分古いボトルだと思います。土屋守さん著の「モルトウィスキー大全」にも今回のボトルに同封されているリーフレットに書かれている、「シングルバレルの15年」の記事が掲載されているところを見ると、1990年代前半のボトルかもしれません。

DSC_3830

前回のボトルは同じ700㎖でも、40%の度数でした。今回は43%です。

DSC_3839

コルクは、辛うじて折れずに抜けました。さっそくグラスに注いで飲んでみると、前回の40%のファンダーズリザーブとは大違いです。これは土屋さんの本に書かれていたからということはなく、自分の感覚でも全くの別物と思えるほど違いうのです。

土屋守氏の「モルトウィスキー大全」(1995年12月初版:小学館)には、評論家のマイケル・ジャクソン氏(歌手ではない)の評価で、このファンダーズリザーブがなんと85点の評価になっていると書かれています。

まさにこのボトルのことだと思います。本の記述には15年のシングルバレルが絶賛されていますが、このファンダーズリザーブも素晴らしい出来映えだと思います。政府から支給される10万円を当て込んでウィスキーを落札していますが、このようなウィスキーを飲むと、今まで飲んでいたウィスキーっていったい何なのか、と思ってしまうくらいです。

モルトの風味が体に浸みこむようです。この美味しさは、ロングロウの10年旧ボトル以上の体験です。下手をするとバルヴェニー12年のダブルウッドの旧ボトル以上かもしれません。きっとラフロイグやスプリングバンクの旧ボトルもこのように美味しいボトルはいっぱいあるかもしれませんが、サラリーマンでも出が届く範囲で買えるボトルは少ないと思います。

香りは多少ツンときますが、口に含んでから飲み干すまで、きわめてスムーズに落ちていきます。とても心地良いハーモニーとともに。妙に甘くなく、コクがあるモルトの味わい。飾ることがなく、実直な、それでいて深みのある味わい。余韻は美味しい麦の香りと味わいが長く続きます。余韻で麦の香りがするウィスキーは多々ありますが、心地良いうま味、おそらくそれがモルティなうま味という事だと私は思うのですが、それが感じられる逸品は少ないと思います。

幸い私のこのブログは、私自身の忘備録のようなものですので、このブログを読んで私が狙っているバルヴェニーの競争相手になる方はいないと思いますが、他人に教えるが憚れるくらい、美味しいウィスキーだと思います。

参考までに、カートンに同封されていた冊子の写真を掲載して終わります。

DSC_3832
DSC_3833
DSC_3834
DSC_3835
DSC_3837
DSC_3836