紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(165)サントリークレスト12年

購入時期等不明 おそらく5年前頃
購入場所:ヤフーオークション
購入金額不明 おそらく千円くらい

今日は、サントリークレスト12年です。綺麗な紙の箱に入っていました。ボトルの状態もとても良さそうです。

DSC_2746

クレスト12年はサントリー創業九十周年を記念して、響と共に発売されたものでした。その後は、終売となって、現在は2次流通品しか手に入らなくなっています。

DSC_2751

丁寧な説明がかかれています。原料には結構こだわった姿が見て取れます。ひょとしたらおいかもしれません。

DSC_2754

原材料は、モルト・グレーン。容量750㎖でアルコール分43%とあります。当時の発売価格は5,000円程度。サントリーもCMでも持ち前の力を発揮して、かなり頑張ったようです。

DSC_2753

プラキャップですが、プラ臭はまったくしません。澄んだ森の香りがして、飲み口はマイルドです。モルトの風味も感じられし、甘くてとても飲みやすいです。少し深みのある味わいもして、ストレートでも水割りでもいけそうです。余韻は、少しドライで美味しいウィスキーの味わいが残ります。

従来のサントリーのウィスキーは、水割りやハイボールなどを念頭に開発されてきたような気もします。このクレストが世間から徐々に忘れ去れる時期が、サントリーではシングルモルトの開発が盛んになり、響に代表されるようなブレンデッドも含めて世界で通じるようなウィスキーづくりに進んでいく分水嶺になったのかもしれません。