紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキーのおつまみ12 春キャベツとツナと卵のサラダ

今日は、玉ねぎに続いて、春キャベツをいただきましたので、ウィスキーのおつまみになりそうな料理を作って見ました。

DSC_3476

自家製無農薬とのことで、虫の食べたあとが少しあります。でも昔、実家で家庭菜園をやっていましたが、キャベツは丸くならないし、この百倍くらいの虫食状態でした。全く気になるレベルではありません。

DSC_3478

葉を3枚くらい取り、一口大に切って、電子レンジで4分ほどチンしました。
卵を茹でて、殻をむき投入します。2個ほど使います。

DSC_3480

ツナ缶は1缶使いました。ツナの油分は切って、よく混ぜます。中華だしとごま油も少し加えます。混ぜると、しんなりしてきます。

DSC_3481

ゆで卵を切って加えて出来上がりです。結構簡単でした。小さなお皿に盛りつけました。このおつまみに合わせるウィスキーは、グレンモーレンジの18年の旧ボトルです。まったり甘い風味で、ごま油の利いたキャベツとツナにはぴったりです。キャベツの甘みとみずみずしい歯ごたえがツナのうま味と絡み合います。キャベツもひと手間加えると、美味しいおつまみに早変わりです。まだ8割がた残っていますので、いろいろな料理にチャレンジしてみたいです。美味しいキャベツを下さった方に、心から感謝したいです。

DSC_3483


グレンモーレンジ18年の旧ボトル、このようなおつまみと一緒に飲むには、とてもバランの取れたウィスキーだと思います。このウィスキーについは、後日詳しくレビューしたいと思います。