紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(174)アーガイル 特級表示

購入年月日:2020年2月9日
購入場所:ヤフオクストア ゴールドリカー広島店
購入価格:9,251円(他にセット7本でまとめて購入 税込:10,176円)
送料他のウィスキーとあわせて:1,250円
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、760㎖
輸入者:ウェストレックス株式会社


今日は、アーガイルの特級表示です。

DSC_2802


このウィスキーは、南ハイランドのエドラダワーとスペイサイドのアベラワーとグレンアラヒをキーモルトとしたブレンデッドウィスキーです。

DSC_2800


ラベルの下には、「1300年の酒造りの伝統を継承した名門アーガイル公爵家のスコッチウィスキー」との記載があります。このウィスキーは、キャンベル家の居城であるインバレアリー城の売店でしか売っていないレアなウィスキーとのことです。そのために一般流通用として以前このブログで取り上げたクラン・キャンベルが発売されたらしいです。


ラベルのお城の周りに書いてある文字は、「INVERARAY CASTLE HOME OF THE DUKE OF ARGYLL」です。このお城の写真は、ネットでもよく見かけますがとても綺麗なお城です。蒸留所見学ツアーの一環で是非とも行ってみたいお城の1つかもしれません。売店でアーガイルが買えるといいのですが・・・。

publicdomainq-0025577wpb


さて、肝心のお味ですが、古酒独特のえぐみが感じられ、開封直後は飲みづらかったです。三週間を過ぎたあたりから、複雑な味わいが少しづつ感じられるようになりました。でもえぐみが少しの残っていて、アーガイル本来の味わいには程遠いかもしれません。

アーガイルは、たまにオークションに出ます。この瓶ボトル以外に陶器ボトルのアーガイル15年も出ます。中身はスプリングバンクと言われています。はたして、この瓶ボトルのアーガイルと関連はあるのか?気になることがまだまだ沢山あります。また数週間後に、味の変化を見て行きたいと思います。それでもえぐみが消えないようなら、もう一本追加で落札して本来の味わいがどのような感じなのか、引き続き追い求めていきたいと思います。