紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(146)ジョンウオーカー青ラベルオールデスト

購入年月日:2014年頃
購入場所:ヤフオク 
購入価格:20,000円~24,000円くらい 
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、750㎖
輸入者:不明
 
今日はジョニーウオーカーのブルーラベル オールデストを取り上げたいと思います。
オールデストの中でも、ラベル表記が「AGED 15 to 60 YEARS」となっているものは、結構貴重なボトルのようです。イギリスの税法で、ラベルに表示する熟成年数はアバウトな書き方はダメとのことで、数年でこの表記のラベルは姿を消したようです。
2019-12-29-20-56-56-694
このボトルを開けるのは2本目ですが、毎回安定した味わいで飲むたびに納得の美味しさを感じることができます。ジョニーウオーカーは現在では大衆的なお酒になっていますが、1970年台頃までは黒ラベルなどは、庶民の憧れのウィスキーだったと思います。
2019-12-29-21-09-24-914
恐る恐る開けるとコルクは、だいぶ傷んでいましたが、折れずに開けることができました。箱には、120ドルの値段シールが付いていました。1980年代後半に発売されたボトルですので、その当時の為替相場からすると120ドルは、16,000円くらいでしょうか。意外と安いかもしれません。(箱がジョンウオーカーではないく、ジョニーウオーカーになっていました。ボトルと一致していないかもしれません)。
 
2019-12-29-21-10-31-915
香りに関しては、スモーキーさの中にも甘く熟成した香りが漂います。時間をかけてゆっくり飲むと、様々な香りが顔を出し、非常に豊かで奥行きのある香りを楽しむことができます。

味わいは、とても飲みやすい反面、ジョニーウオーカーらしいピーティーな味わいが基本にあり、スパイシーでありながら豊かな味わいが広がります。多くの原酒をブレンドして複雑な味わいを醸し出しているわけですが、1920~1930年台の原酒も使われていると思うと飲むのがもったいない気もしてきます。付属の冊子にも、いろいろ書かれています。

2019-12-29-21-01-04-420
時間があるとき、原文も日本語訳と照らし合わせながら、ゆっくり読んでみるも良いかもしれません。