紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

山崎12年&18年でまったり

年末年始休暇に入り、まったりした毎日を送っています。1年間の自分へのご褒美として、山崎12年と山崎18年をセットで飲んでみたいと思います。

f:id:uribouwataru:20211229024824j:plain

f:id:uribouwataru:20211229024835j:plain

山崎12年は、色合いは18年と比べるとやや薄いです。山崎18年の色合いの濃さが見てとれると思います。

 

f:id:uribouwataru:20211229024804j:plain

味わいは、山崎12年は白檀のような香木の香り、多少ケミカルな面もありますが、味わいのある旨さが光ります。飲み口が良いので、いくらでも飲めてしまいそうです。

 

f:id:uribouwataru:20211229024814j:plain

一方、山崎18年はタンニンが利いた木の樽の風味が、とても強烈に訴えてきます。深い木の樽の味わいが、いつまでも口の中に残ります。18年の星霜を感じます。

 

未開封品はとても手が出ないので、2本とも開封済みのウイスキーをオークションで落札したのものです。未開封品だと、山崎18年は10万前後。同12年は2万円位します。

 

本来の価格の何倍もの金額を出すのは悔しいですが、転売屋などが幅を利かせている限り、飲みたい人やバーなどに商品がいきわたらないのが現実です。

メーカーには転売対策などを徹底して欲しいと思います。

 

それにしても、山崎18年の熟したイチジクを干したような深い味わい、12年の白檀のような香木の風味は、病みつきになる美味しさだと思います。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20211229100442p:plain