紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(493)ピュアモルトウィスキー サントリー北杜

購入年月日:2021年9月13日
購入場所:個人
購入価格:3,200円(税込)送料700円 響17年旧ボトル(50㎖)、竹鶴12年(50㎖)、北杜(50㎖)のセット
商品状態:中古(ヤフオクにて落札)
原料:モルト
度数、容量:40%、50㎖ 
製造者:サントリー株式会社B

 

 

今日は、サントリーの北杜をご紹介いたします。

f:id:uribouwataru:20210915212056j:plain

f:id:uribouwataru:20210915212116j:plain

f:id:uribouwataru:20210915212126j:plain

f:id:uribouwataru:20210915212140j:plain

 

それでは飲んでみましょう!

 

 〇開封

少し力が必要でしたが、ねじってすぐ開けることができました。キャップに少しダメージがありましたが、問題は特にありませんでした。

f:id:uribouwataru:20210915212106j:plain

 

〇色合い

きれいな琥珀色

f:id:uribouwataru:20210915212153j:plain

 

〇香り
ドライフルーツのような甘い香りのあと、次第にハッカやバニラのような爽やかな香り

〇味わい
  • モルト感がある芯の通った味わい
  • 樽の風味がかなり感じられ、少しほろ苦いようなドライな味わい
  • 山崎や響に感じられるような香木のような風味
  • キーモルトが白州とは思えない、しっかりとした味わい
  • 少し甘めのまろやかな余韻、続けて飲むとストレートだと少し舌先が少しピリッとしびれます
■まとめ■
北杜シリーズは、2004年に発売され、この12年のピュアモルトシリーズ以外に、アルコール度数が、50%のブレンデッドモルトのシリーズも発売されています。

あまり世間では認知されないうちに、2010年頃には売り止めになっており、短命の商品だったようです。
オークションでは結構人気があり、定価の2~3倍くらいの値段で取引されているようです。

価格が低く抑えられていた割には、クオリティが高く、北杜市にある白州蒸留所のモルトがメインで使われているなど、コストパフォーマンスの優れた商品だと思います。
 

 
次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20210915215900p:plain