紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

念願のウィスキーゲット! 響12年

今日は、先日オークションで落とした響12年と山崎12年、いずれも旧ボトルが到着いたしました。広島の個人の方から、開封済みのボトルを落札したものです。

 

山崎12年の旧ボトルは未開封品でしたら2万円、響12年は4~5万円はするものです。

風味が損なわれている可能性があるで、かなりのリスクがある取引ですが、このチャンスを逃したら、響の12年は、当分飲むことはできなかったかもしれません。

 

バーでもそこまで高いボトル、なかなか仕入れられないし、飲みたいと思う人もすぐには、いないかもしれません。

 

オールドボトルの入手は年々リスクが高くなっているのだと思います。

f:id:uribouwataru:20210925160527j:plain

 

お値段は、オークション相場の半値くらいです。山崎はキャップシールのみ剥がされていて、未開栓状態でした。ただし、裏ラベルがありませんので、状態は未知数でした。

 

響は、残量9割の状態で、ラベルやボトル全体の状態は、まずまずだと思います。

 

f:id:uribouwataru:20210925160538j:plain

 

細かなレビューは、後日いたしましすが、両ボトルとも風味は何ら問題なく、極めて良い状態だと言えます。

 

開封済みボトルの落札は過去、あまり失敗したことがありません。確かにリスクのある取引ですが、基本的には次の点にご留意すれば良いかなと思っています。

 

留意点
1.出品者に悪い評価がほとんどない
2.評価の内容で、包装が丁寧であることに感謝されていること(粗いと漏れ等の原因になるので避ける。簡易包装などを謳っている人はNG)
3.出品価格が相場の半値から6割くらい(常識的水準であること)
4.出品の説明が丁寧で、好感が持てること
5.どういう理由で出品されたものか、出自があきらなこと(自分で飲んでいた、閉店した店の処分品であるなど)
6.開封品は、見た目が一定以上綺麗である事が大前提(出自が不明で、見た目が汚いものはNG)
7.値段については、納得いかない場合は質問欄で値下げ折衝をしてみる(開封品を落札する人は、ほとんどいません。ですから値段の折衝は相場の半値以上であれば、するべき。かならず、オークションのシステム内で行い、個別にメールでの取引は絶対にしない
8.たとえ、一部風味が悪くて飲めなくても、一切文句は言わない

 
ブログで皆様からのアクセスの多い記事は、やはり人気のボトルや高額のボトルなどです
 
バー飲みでしたら、安いコストで堪能できますが、人気ボトルはワンショット飲むだけで、数千円かかる場合もありますので、私としては開封済ボトルで、アタリを引いてゆっくり味わいたいのが本音です。
リスクはありますが・・・
 
山崎12年は旧ボトルよりも現行ボトルの方が、華やかで若干私の好みなのですが、旧ボトルも負けず劣らず、とても美味しく飲めるボトルです。
なお、山崎12年は開封済みのボトルの落札は3回目です。今回で2勝1敗のような感じです。
 

⇩成功例

uribouwataru.com

⇩失敗例

uribouwataru.com

 

いかがでしたでしょか?
いまちょっとずつお味見していますが、とても美味しくいただいています。
山崎12年はノンエイジボトルの「白檀のような風味」をさらに深化させた風味が病みつきになります。
 
響12年はとてもバランスのとれた味わいです。梅酒樽の活用はかなり効果が出ている気がします。たっぷり飲んで後日、じっくり感想等をお伝えしたいとお思います。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20210925165544p:plain