紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(52)バルヴェニー14年 PEAT WEEK

今日は、バルベヴェニー14年 PEAT WEEKを取り上げます。恥ずかしい話ですが、つい最近まで、PEAT WEAKと勘違いしていました。PEATEDとう種類もあるので、てっきり弱い方の意味かと思ったのです。

f:id:uribouwataru:20210531210709j:plain

飲んだ印象は、今まで飲んだバルヴェニーの中で一番ピート香を感じる仕上げになっていました。それでいて、途中からしっかりバルヴェニーの深みのある味わいやシェリー感も感じられ、こういうバルヴェニーも良いものだと思いました。
後味も麦の風味が感じられるとともにさっと、香りが消えていくのも潔よい感じがして、好感が持てます。

f:id:uribouwataru:20210531210721j:plain

今回は、府中の柏屋さんで試飲しただけですが、この味なら一本は自宅に置いておきたくなるのは私だけではないと思います。

f:id:uribouwataru:20210531210733j:plain

色合いは、他のバルヴェニーよりは、少し薄めかもしれませんが、パンチがきいているせいもあり、存在感はばっちりあります。

f:id:uribouwataru:20210531210748j:plain


専用のケースには、製造年ごとにピートを炊いた時期が赤い文字で記してあります。他のバルヴェニーと較べて明らかに大幅にテイストが違うため、製造期間を一年のうちの限られた時期に限定しているようです。

 

他にも14年のトリプルカスクのPEATEDがリリースされいます。ぜひ一度両者を飲み比べてじっくり味わってみたいと思います。

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
 
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About